建物の修繕で補償を受ける場合に調査の流れはどうなるの?

2022/02/01 コラム
建物の修繕工事において、費用を自己負担されているかたも少なくありません。
しかし自然災害による建物の修繕では、各種補償が適用できることがあります。
とはいえ補償についての調査や流れが分からなければ不安なものです。
そこで実際どのような流れなのかについて見ていきましょう。

▼依頼の流れ
株式会社加藤建装での依頼の流れについて紹介します。

■依頼から説明
修繕箇所について、電話またはメールで問い合わせいただきます。
その後に、保険内容の確認と、工事についての説明を行います。

■詳細確認と事故報告
まずオーナー様に修繕についての詳細確認を行います。
そのうえで申請用の現場調査を実施いたします。
現場調査の実施後、保険会社に事故報告を行います。
それを受け、保険会社からは申請書が発送されます。

■申請書類の発送と保険会社での査定
保険会社から届いた申請書に、オーナー様から記入いただきます。
書類記入後、見積書や報告書など必要書類の送付を行います。
保険会社では、届いた書類をもとに補償について鑑定を行います。

■保険金の受給と修繕工事
保険金が受給されたら、修繕内容のヒアリングと現場調査を行います。
その後に以前よりも良い状態にするべく、修繕工事を行います。

▼まとめ
株式会社加藤建装では、保険会社から補償が出るようお手伝いいたします。
対応エリアは、埼玉県内を中心に東京・神奈川・千葉までとなっています。
建物の修繕でお悩みのときには、ぜひ株式会社加藤建装にご相談ください。