建物修繕に保険を使う場合は必要書類の作成をどこに依頼するべき?

2022/01/03 コラム
自然災害による建物修繕には、火災保険が使える可能性があります。
ただし火災保険を使用する場合には書類を提出する必要があります。

▼大抵の火災保険は修繕への適用が可能
一般の火災保険であれば、大抵は自然災害への適用が可能となっています。
ただし適用範囲は契約内容により違いが生じます。

▼保険を使用する場合の必要書類
必要書類は保険会社により違いがありますが、
・申請書
・破損箇所の写真
・見積書
などが必要となります。

▼保険の申請を業者に依頼するメリットとは
建物の所有者が保険を申請することは可能です。
しかし業者に依頼したほうが安心です。

■詳細な現場調査が可能
自分では気付かない場所が破損している可能性もあります。
専門の業者に頼むことで、詳細な現場調査が可能となります。

■破損箇所の写真撮影が可能
破損箇所の写真提出が必要な場合もあります。
屋根などの撮影には危険を伴うため任せたほうが安心です。

■審査に通りやすい申請書類の作成が可能
個人での書類作成では不備が生じる可能性があります。
業者に依頼することで、不備の可能性を減らすことができます。

▼まとめ
火災保険の申請は自分で行うことも可能です。
しかし書類不備や破損箇所の見落としがあるかもしれません。
株式会社加藤建装では、
・保険内容の確認と工事の説明
・保険適用確定後のヒアリングと現地調査
などを行ったうえでの施工となります。
保険を利用する修繕依頼を検討の際は、ぜひ株式会社加藤建装にご相談ください。