外壁が損害を受けた場合の修繕工事について

2021/09/15 コラム
「台風で外壁が剥がれた」「事故で外壁が崩れた」
こんなとき外壁の修繕工事をどこに相談すれば良いのでしょうか?
そこで、外壁の修繕工事について見ていきましょう。

▼経年劣化以外で外壁が損害を受ける要因とは
日本は自然災害が多い国です。
そのため想定外のタイミングで外壁が損害を受ける可能性があります。
経年劣化以外で外壁が損害を受ける要因としては、
・地震
・台風
・大雪
・大雨
などが考えられます。

▼外壁の修繕工事には保険適用が可能な場合がある
自然災害で生じた外壁の損害には、保険適用が可能な場合があります。
しかし「保険が適用できる」ということを知らないかたが多いのが現状です。

▼保険を使用して修繕工事を行う場合の注意
保険を使って外壁の修繕工事を行う場合には以下のような注意点があります。

■保険の適用範囲は契約内容などにより異なる
自然災害による外壁の損害には「火災保険」が適用されます。
ただし保険の契約内容により適用範囲には違いがあります。

■アパートやマンションなども適用になる場合がある
外壁の修繕工事に保険が適用できるのは一戸建てだけではありません。
賃貸物件の場合でも保険が適用になる場合もあります。

▼まとめ
株式会社加藤建装では外壁の修繕工事を行っています。
保険を確認し、自己負担を抑えた工事の案内をしております。
埼玉県を中心に、神奈川、千葉、東京までのエリアが対象です。
自然災害による外壁の修繕工事を検討されている場合、ぜひ1度ご相談ください。