家財保険って本当に必要なの?

2021/05/15 コラム

家財保険とは、一言でいえば、家の中にあるものが火災等の自然災害もしくはや事故によって損害を受けたときにおりる保険です。
持ち家でも賃貸でも加入することができます。

そんな家財保険ですが、本当に必要なものなのでしょうか。
ここでは、家財保険の意義について説明していきます。

▼家財保険の意義
もしも火事に遭い、建物だけではなく家財も燃えてしまったら。
または、部屋の中まで火が回らなかったとしても、消火活動による放水によって電化製品が壊れてしまったら。
そんな時、生活を立て直すためとはいえ家財を全て買い直したら、どのぐらいの出費になるのでしょうか。
家財保険に入っていれば、購入代・修理代等が保険金によってまかなえますが、
もしそうでなかったら、金銭的にかなり厳しい状態に立たされることは予想に難くありません。

ここでは火災を例として挙げましたが、自然災害による被害にも対応しています。
災害大国と言われている日本においては、「もしも」のときのためにも家財保険に加入しておく意義はあると考えられるでしょう。


▼家財保険を必要としない人とは
ミニマリストと呼ばれているような家財が非常に少ない人や、
逆に金銭的にすごく余裕のある方は、特別家財保険に入らなくても大丈夫でしょう。
ただし、賃貸物件の方は、加入を義務付けられていることも多いので気をつけてくださいね。


▼まとめ
株式会社加藤建装では、保険を用いた修繕工事を請け負っています。
家財保険が適用になったということは、お住まいの建物にも損害が出ていることと思います。
保険の申請の仕方から修繕工事まで、お困りのことや不明点等がございましたらお気軽にご相談ください。