どの火災保険がいいの?賢い保険会社の選び方のポイント

2021/01/08 コラム

火災保険は、住まいを守る大切な保険です。
大切な保険だからこそ吟味して選びたいですよね。
保険の対象適用範囲は複雑で、専門用語の読解も困難です。
ですが、ポイントを掴みさえすれば簡単ですし、理解できた上であなたにあった火災保険を選ぶことができるのです。
今回は、その火災保険の賢い選び方のポイントをご説明させて頂きます。

▼賢い火災保険を選ぶ為のポイント
1.火災保険の対象を決める
建物(外構・車庫含む)だけか、家財だけか、その両方か、まずは保険の対象を検討しましょう。
2.建物の構造を把握する
火災保険は建物の構造によって保険の支払いの金額が変わってきます。
あなたのお家がどの構造に該当するかをご確認しましょう。
3.補償の範囲を決める
火災保険の補償の内容の範囲を理解して、必要な保障に絞りましょう。
4.保険金額を決める
保険金をいくらで契約するかまずは評価額を算定してから金額を決めましょう。
評価額を計算し保険金額を求めましょう。
5.保険の期間を決める
長期であればあるほど割引がききます。

▼火災保険では、適応されない災害
火災保険を選ぶ際に重要になるのが「どんな被害を受ける可能性が高いか」です。
海の近くなら津波による災害に遭う確率が高いですよね。
そこで、火災保険では、適応されない災害も紹介しておきます。

■地震による災害
火災保険には地震災害が含まれていません。
地震大国日本だからこそ地震を補償に加えるのも安心できる保険の選び方と言えます。

■噴火、津波による災害
噴火や津波による災害も火災保険は適応されませんのでご注意ください。

これらの災害は、地震が影響で起こるので、被害が広範囲にわたり保険の仕組みが成り立たないのが原因と言われています。


▼まとめ
住んでいる地域や住宅の状況、家族構成やライフスタイルなどそれぞれことなります。
だからこそ、適切な保険に加入しましょう。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。