火災保険とは?どんなケースに補償される?

2020/11/21 コラム

万が一火事に巻き込まれてしまったらどうしようとか、自分が火事を起こしてしまって近隣の方に迷惑をかけてしまったらどうしようと不安に思う事ってありますよね。

そこで今回は、火災保険についてお伝えします。

▼火災保険とは

火災保険とは、火災・風災・雹災・雪災、水漏れ等の日常生活で起こりうる災害に備える保険です。

盗難や落下物にも対応する等、幅広くカバーされていますが、地震保険は別途契約が必要ですので注意が必要です。

▼火災保険が適用されるケース

■火災や自然災害

保険名の通り、火災は対象となっています。自身が失火してしまった場合や、近所から燃え広がって来た火によって火災が発生しても対象となります。

上述した災害に対応していて、台風や集中豪雨で床上浸水をしてしまった場合等にも適用されます。

■日常生活でのトラブル

空き巣や盗難、水漏れのような日常生活で起こりうるトラブルにも対応しています。ガス漏れで爆発したり、ボールが飛んできて窓ガラスが割られる等の災難にも対応しています。

▼まとめ

今回は、火災保険についてお伝えしました。

火災保険は、火災に対する保険だけではなく日常生活におけるあらゆる不安を解消してくれる保険です。

幅広く対応してくれますが、地震は対応していないので地震保険は必要であれば別途契約する必要があります。

株式会社加藤建装では、建物に被害があった場合に火災保険を使って修理します。何かあればお気軽にご相談下さい。