建物の保険は地震の被害も適用される?火災保険と地震保険の違い

2020/11/05 コラム
火災保険のような建物の保険に加入している方にとって、もし地震で建物に被害が起きてしまった際にも対応してもらえるのかどうか疑問に感じてしまう事ってありますよね。

今回は、建物の保険で地震の被害も適用されるかについてお伝えします。

▼建物の保険で地震の被害も適用される?

どの建物の保険に加入されているかによって、地震の被害が適用されるかが違ってきます。

火災保険に普通に入っているだけでは地震の被害は適用されないと思っておいたほうがいいでしょう。

地震の被害に保険を適用するには、地震保険に加入しておく必要があります。

▼火災保険と地震保険の違い

■火災保険

火災保険は、火災等で建物が被害を受けた場合に補償する事を目的としています。火災以外にも、風災、雹災、水災、雪災、盗難のような日常起こりうるトラブルに対応します。

■地震保険

地震保険は、通常火災保険とセットで加入しなければならなりません。地震、噴火、津波等の被害に適用されます。

▼まとめ

今回は、建物の保険は地震の被害にも適用されるかについてお伝えしました。

建物の保険には火災保険と地震保険があり、火災保険だけでは適用されません。地震保険に加入する事によって、地震による被害が保険の対象となるでしょう。

詳しい被害や状況によってどの程度適用されるかは変わってくるので、お悩みの場合は株式会社加藤建装にお気軽にご相談下さい。